沿革・あゆみ

1940〜 1960〜 1980〜 2000〜 2010〜
1943年 尾道造船株式会社創立
1948年 1号船台5,600D/W新設
1955年 2号船台2,400D/W新設
1957年 3号船渠9,000D/W新設
1965年 第100隻目竣工
1966年 5号ドック9,000D/W新設
1号船台を17,000D/Wに、2号船台を6,500D/Wに拡張
船殻工場・内業工場新設
1967年 1号岸壁を拡張整備し、大型船建造に進出
1970年 6号ドック40,000D/W新設
第2船殻工場、仕上げ機械工場、総合事務所新設
1973年 1号船台を26,000D/Wに、2号船台を85,000D/Wに拡張
第3船殻工場新設
1975年 資本金を1億円に増資
新造船建造量360,000D/Wを超える
1976年 86,300D/W油槽船建造
1977年 陸上部門へ進出を目指す
1978年 特定建設業(鋼構造物工事業)許可
初のフルコンテナ船 竣工
1979年 建築工事業及び土木工事業許可
1981年 セミタンデム工法を開始
1986年 因島工場新設
1987年 西岸壁造成
1号船台を組立工場に改造
1988年 2号船台を105,000D/Wに拡張
1989年 NCプラズマ切断機を導入
初のD/W100,000トン 油槽船(AFRAMAX)竣工
佐伯重工業(株)の株式を取得し、経営に乗り出す
1990年 3号ドックを組立工場に改造
5号ドックを53,000D/Wに拡張
1991年 当社、福山重機、日立製作所で共同製作の160t塔型クレーンを 2号船台に新設
1992年 初のダブルハル・アフラマックスタンカー竣工
修繕船部門強化を図るためコロンボドライドックス、コロンボドックヤード2社の
株式を取得し経営に乗り出す
1993年 4,229TEU コンテナ船(R TYPE)竣工
1994年 進水装置をボール方式に変更
14,543G/T RORO貨客船竣工
1995年 47,629D/W 油槽船(MR Mark I)竣工
1997年 NC型鋼切断機を導入
1998年 ISO9001取得
西ブロック艤装場に移動屋根の新設
3D CADを導入
1999年 ショットブラスト工場更新及び
最新鋭ショットブラスト機(幅広鋼板用)導入
2000年 コンピューターシステムのオンライン化・ネットワーク化
2001年 船体ブロック研掃工場の新設
NC型鋼切断機を増設
初のハンディーマックスバルク 竣工
2003年 東京支店に産業機械部を開設
自家用発電所の新設
2004年 240t 塔型クレーンを2号船台に新設
47,000D/W 油槽船(MR Mark II)竣工
2005年 パイプセンター開設
パイプユニット工場拡張
移動屋根増設
防波堤の設置
2006年 総組定盤の拡張、東艤装場移動屋根・浄水場・東ハウスの新設
70,377D/W 油槽船(ICE CLASS)竣工
2007年 省エネ・省力型RORO船「わかなつ」 ”シップ・オブ・ザ・イヤー2006” を受賞
松永工場新設
2008年 向島工場新設
2010年 安全研修センター新設
新塗装工場新設
50,000D/W 油槽船(MR Mark Ⅲ)竣工
2011年 50,000D/W 油槽船(MR Mark Ⅳ)竣工
2号・5号・7号・8号岸壁改修
2012年 2号船台戸船新替
2013年 79,000D/W 油漕船(LRI)竣工
2017年 佐伯工場新設
省エネ・省力追求のシンプルフェリー「フェリーしまんと」
”シップ・オブ・ザ・イヤー2016” 大型客船部門賞を受賞

THE STORY OF ONOZO 尾道造船の歴史